飢田コウヘイの  ひょんなコトから

略して「ひょコら」 フリーの役者、飢田コウヘイの徒然日記
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
今後の出演予定
本名での仕事情報
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
なんともくだらない後日談
観劇してくれた人しかわかんない話で申し訳ないです。



LAST SMILEの感想を教えてくれる知人友人達、本当にありがとう!
次回へ繋がる貴重なご意見。
直接聞いた意見は、アンケートに書いてる感想よりも的を射ている。



だけど一つ!


劇中でイノキの引退台詞を言いながら登場するところ、台詞噛んだのが残念だったって言ってくれる人がたくさんおります。
感想が寄せられる度にそれは増えております。


だが!


アレは台本上で噛む台詞なんだよーーーーー!!


台本の71ページ第一行!
『西船 この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ危ぶめば道なし(言えない)、言えなかった』

って!言えなかった、までセリフですからねっ!


余りに言われるから捨て置けなくなっちゃったよ。

稽古中はずっと自然に噛んでるように聞こえないと演出に言われ続け、本番もあまり上手くできなかったなと若干落ち込んでいたら、勘違いするお客さん続出じゃないかっ!

ありがたいんだけど!


あのシーン、少しだけ笑いが起きててホッとしてたのに、笑わせたんじゃなくて笑われてたんかーい!

いいんだ。お客さんを騙しただけ役者冥利に尽きるってものさ。




ジャン役・伊勢谷たっちゃをの誕生日会やってきました。
久々に遊んだ。楽し〜い〜!
ありがとうございました
LAST SMILE、無事に終了致しました。

蓋を開ければ連日満員御礼。こんな幸せなことはありません。
たくさんの暖かいお言葉、声援、差し入れ、身に染みるご意見やご感想をありがとうございました。
皆様の支えでPRISMATICプロデュース公演は完成致しました。

本当に、偽りなく、心から御礼申し上げます。



僕の演じた主人公・西船橋は、時間を操る笛を使って異世界の戦争を止めようと奔走しました。
が、彼は何一つ正しいコトはできませんでした。失敗や不器用な行動を繰り返すばかりでした。
それは物語がハッピーエンドに向かった最後の瞬間まで変わりません。
物語を通して見ても、世界を救うのために彼自身ができたことなんて何も無いのです。

でもダメ人間・西船橋は、ダメなりに何かできることは無いかと必死に足掻きました。諦めたり腐ったりせず、無様に醜く、もがき続けました。
その叫びが周りの人間の心を動かし、たくさんの人の力を借りて、平和な未来への糸口を見つけることができたのです。

直接世界を救ったのは西船橋以外の人間です。
しかしその仲間達の心を動かしたのは紛れもなく西船橋なのです。


世の中の大多数では、ある目標に向かうために「正解はなにか」「効率的な方法はなにか」という考え方が優先されています。
そこまでは特に悪いことではないのですが、それを優先し過ぎて一歩を踏み出すことの足枷になっている場合もあるのではと思います。

「○○が無いからできない」「正解の方法がわからない」「今やってもどうせ無理だ」

どうすれば一番よかったのかなんて、誰にも答え合わせできません。
一番理想の道筋が閉ざされているだけで、他の道まで無いように思うなんて勿体ない!
やってもみないのに諦める。やりさえせずに諦める。そんな勿体ないことは無い!
風が吹かないと船は動かない。もし転覆しても、その原因を改善すれば次はもう少し前進できる。
失敗し続けて自分独りでは無理だとしても、足掻き続ければ手を貸してくれる仲間は必ず現れる。

決して綺麗事ではない、確かに存在する人間の「意思」の力。
それは、真っ暗な未来を真っ直ぐに見つめ続けることができる力なのだと思います。
西船橋という男を通してその力を信じて貰えたならば、それが一番の幸せです。


飢田コウヘイ
中日終わって
どんな芝居が完成してもそれがLAST SMILE。
ナニがあってアレが起こって出来上がりがどうなったとしても、料理した側は胸を張ってお出しするしかない。

お味は如何でしたでしょうか。味付けに不備があれば今後の参考にしたいです。是非お教え下さい。


ただ一つだけ謝りたいのは、昼の部と夜の部で味付けが違ったこと。
どちらも優劣の無いLAST SMILEに変わりはありませんが、来て下さった皆様に同じものを味わっていただけるよう、今後精進したいと思います。


明日で最後です。
昼の部はお席がほんの僅かしか残ってませんので、当日券を考えている方はご注意を。
初日終わって
本番に入ったらもう弱音も言い訳もありません。
吐かないんじゃなくて、ありません。

次を!更に次を!良い公演にするために愚痴は必要ない。

ま、本番まで悩むタイプなので。その分もう負の感情は無いぜ!飛べるぜ!
…さすがに大失態やらかしたら凹むだろうけど。稽古と仲間と自分を信じれば大丈夫大丈夫!



初日ご観劇いただいた方々、ありがとうございました。
僕たちの努力もお客様に観てもらわねば画竜点睛を欠きます。24日の部、皆様のお陰で完成いたしました。
完成したモノをどうこうすることは役者にはできません。
如何でしたでしょうか。少しでも心に残ったなら幸いです。

明日以降、観劇される方々、お待ちしております。
皆様に楽しい時間を過ごしていただけるよう、表現者は足掻き続けます。





とう!
俺とLASTSMILE
眼は完治しなかった。

でもそんなコトは大した問題じゃないんだ。
そんな手前味噌で芝居のクオリティを下げるわけにはいかない。言い訳にもならない。

そういう意味でも、今日のゲネプロじゃあ醜態を晒した。


でもでも、もう本番がやってくる。


この座組で、こんなぺーぺー役者の自分が芯に据えられることの強烈なプレッシャー。
怖くて寝られない日が続いた。


でもでも、もう本番がやってくる。


いつもの自分の演技が出せないもどかしさと不器用さ、そんな言い訳を繰り返す弱さと、それ以前の地力の足りなさ。
負の循環は何も生まない。


でもでも、もう本番がやってくる。



つまりは、もう本番がやってくる。



悩んでる時期じゃないってコト!


なんやかやありますけど、必ず良いモノが出来上がりますってー!

仲間の支えを確かに感じる。いま、飢田の中身は、満たされてパンパンだ!!


感謝と熱意と気合いと知性と野性と愛を込めて!LAST SMILE・プリズマティックバージョン、その終わりの始まり、ではなく!
終わりの終わり、でもなく!
始まりの始まりが、いま始まる!!

…うーむなに言ってるのか。とにかく始まる!!!



飢田コウヘイキリモミ大回転2008、その最終章!
お時間の空いてる方は、是非ご覧あれ!
スパート
実家から送られてきたリンゴをひたすらモリモリ食う。

リンゴリンゴうま〜い。


あらまぁもう22日ですか?LAST SMILEに関わることができるのもあと5日!?

なんとまあ。

怒濤のように過ぎていった短い稽古期間だったけど、なんだかずっと長くやってきたみたい。
共演者のみんなは、もう、ファミリーだ。一人残らず感謝と尊敬の念を感じている。
少なくとも自分はそう思っている。

スタッフさんや支えてくれている人々も素晴らしい方ばかり。


自分は幸せモノだ。



おっとっとまだ終わりじゃなかざんす。
むしろこっからだわいよー!

これだけやってきたんだ。絶対面白いものにしてみせるって!

任せとけっ!
小屋
2008102111540000.jpg
昨日から小屋入りしてます。

仮小屋入りだのプチ小屋入りだの言われておりますが小屋入りは小屋入り。


コヤイリ。
本番が近いほど
どーもドーモ!本番近くなると記事が重たくなる飢田でございますよ!

えぇやんか!

今日は、朝届くはずの荷物がなかなか届かず宅配便のおっちゃんにイラッとし、最終殺陣つけ稽古して、途中小磯の兄さんの愛情むすびを食べ、通し稽古して疲れたので聖地リトルスプーンでカレーを食べた、そんな日だすたー。
外食してもうたー。今日は勘弁。


通しでできなかったコトやイマイチだったコトを箇条書きにしてみると、ま〜だまだある。今日は一応の完成型を創りたかったのだけど、全然だった。

ちゃんと良いトコもあったけど、人は反省からしか成長しないってので、まずは反省しよう。うむ。


ずっと焦ってる、オレ。緩が無いから急が際立たない。
脚本に出てくる人間達は、物凄い勢いと振り幅で心が動く。「現代に生きる自分」が一番「自然」だと感じる心のスピードだと間に合わない。
戦場の人間はそんなのんびり生きられないのだ。
それを意識してか、ずっと芝居が焦っている。どこかで制御しなくてはっ。

あと今まで演劇やってきて育っちゃった固定観念を稽古中、取っ払うのに数秒かかっちゃうのもイカン。
捨てろ捨てろ!こんなひよっこが後生大事に守るモノなんてまだ無いはずだ!ゼロにならんかい!

共演者との芝居の歯車も、ふとした切っ掛けで簡単に噛み合わなくなる。
もっとガッチリだ!

修正する時間はどんどん無くなっていく。
時間を大切に使おう。




てなコトをブログに書いといて、後日読んでほくそ笑むのです。
皆さんは今ほくそ笑みをお楽しみ下さい。


本番近くなるにつれ絵が描きたい〜。
粘土いじりたい〜。
この創作衝動は現実逃避なのだろうか!?
否!追い詰められた時の方がインスピレーションは高まるものであります。
〆切間近の漫画家かあたしゃ。まぁ公演終わるまでオアズケだな。
一週間前
ここにきて間違いなく自宅での研鑽にかける時間が減っている。

帰ってきたらヘトヘトってのもあるけど、まだまだやるべきコトはたくさんあるのでちょっと身を引き締めねば。

最近なんか稽古に追い付けてないというか、何も用意せずに臨んでその場で演出に言われたことに対応して一日が終わってしまっております。

「役者の仕事の時間は、稽古中ではなく稽古外だ」って何度も言われてきてんのになぁ。
稽古場は練習場じゃねー!持ち寄ったものを擦り合わせる場で、それ以外のコトは家で済ませてこい!って話なんだけど、なかなかそのレベルに達せない。
あとプロデュース公演なのでいろんなことに畏縮してしまうのだ。もっと出せ自分!

本番一週間前です。
みんな必死に楽しんでおります。
どのようなものが完成するのか、目撃するには劇場に来るしかないのだ!
いやこれは本当にね!
ぐっすり眠れる疲労感
共演者のみんなが飢田が稽古場に入るなり何も言わなくても施しをくれるようになってしまいました。
その計り知れない優しさはどこから湧いてくるのですか?教えてほしい。どこかに売っているのですか?教えてほしい。

ありがたさと申し訳なさが同居しております。
どうお返しすればいいのかわからないと言うと、君が先輩になった時に同じように困っている後輩を助けてあげなさい、なんていう始末。
なんだ僕はペイ・フォワードの世界に迷い込んでしまったのか!?善意がハリウッドクラス。


あと最近、いろんな共演者からこの芝居に対する熱意や良くするための案を聞かせて貰ってまして、なんとも充実した時間を過ごしております。
だから9時〜22時稽古でもへっちゃらだい!

欲をかくなら、今の個人個人での努力や熱意が、複数の人間とのセッションになってくればこの芝居は更に良くなる!とか思ったり。


LAST SMILEの稽古が始まってからこのブログの閲覧数も二倍三倍になっておりまして、顕著に期待感を感じております。

本番まであと僅か。しかしここからだ。ここから始まるのだ。