飢田コウヘイの  ひょんなコトから

略して「ひょコら」 フリーの役者、飢田コウヘイの徒然日記
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
今後の出演予定
本名での仕事情報
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
メイキング『死が二人を別つまで』vol.7
人類滅亡!!!

何故だかどういう理由かはわからないが、ある日突然あっという間に人類は滅亡した。…たった二人の夫婦を残して。

街も政府も社会も無い、あるのは荒れた大地とマイホーム。それでも始まる新婚生活。
こんな世界なのにありふれた、そんな世界でも幸せな、ドコにでもありそうでドコにもありえない、星の上にたった二人の夫婦の物語。

この物語は、永遠に続く―



飢田コウヘイ初の脚本・演出作品!

なないろ風船番外公演緑組vol.3
『死が二人を別つまで』
作・演出/上田恒平
公演情報はこちら




2010012921390000.jpg
今日はずっと曲選びをしてました。

曲探しを早めにやってたお陰でだいぶ絞ってはいたの。我ながらかなりカッコいいアーティスト見つけたと思うの。
けーたろー君が一発で気に入ってCDの焼き増しまで希望したフランスのアイツ。

そのアーティスト中心でいくのは決まりとして、どこにどの曲を使うか悩んでたわけだけど、これがもうどれも良くて決まらないのです。

今回は芝居の性質上、短編だけど割りと曲つかうのです。

ただ芝居を曲からつくると上手くいかないもので、いや、少なくとも自分はそういうタイプではないので、あくまで曲のためではなくシーンのために選ばなくてはなぁ。


しかしこの人の曲はずっと聞いてると頭がどーにかなりそうだ。ちょっと目眩がします。


で、

悪戦苦闘して大体決まったのだけれど、最後まで決めかねているのがラスト。

他のは、どの曲が一番合ってるかを聞き比べて判断すればいいだけなのだけど、ラストは合ってる合ってない以前に雰囲気の方向性を決めかねる。


Aパターンは、きっとお客さんにとって一番気持ちいいのだろうな。
その前までがどんな印象でも、このラストだったらなんとなく良いものを観た気分になると思う。
ただなんか綺麗すぎてあざとい気がしてしまうのは自分がひねくれてるからかなぁ。

Bパターンは単純にこんな終わり方すげぇカッコイイと思う。
何とも釈然としないモヤモヤ感を残すし、そうなればつくり手としても嬉しい。
ただそれはつくり手のエゴかもしれない。芸術性という名の自己満足かもしれない。


ほんがー!悩む!

悩もう。

最後まで。


新たな可能性もまだあるかもしんないし。
スポンサーサイト
- | 21:40 | - | - | pookmark
コメント
コメントする